強化っ!2019/09/04 11:40

今週末は~中部ミーティングっ!ですよ。

今年の天気はどうかなぁ~?雨多いミーティング?晴れて欲しいですね~

当店は軽井沢並みに荷物持って行きます、185ホイールの展示もあり、大型商品は後日発送で特別価格有りで行きたいと思いますので交渉くださいね。少しは中古パーツもあるかな?STAGE耐久応援グッズも持って行きますので買ってね!

そういえば消費税って本当に来月から上がるん?
いや、マジにそういう実感というか、絶対上がりますよ!という感じしないのは僕だけ?

8パーセントから10パーセントへ。

テレビでその2パーセントの攻防戦略という感じの報道してました(笑)

お金に対する有識者?が増税前に保存出来る物は沢山買っておきましょう!と言ってました(爆)

いやいや、少し前に必要な分を必要なだけ買いましょうって言ってなかったっけ?みたいな・・・

保存するってタダだと思ってるでしょ・・・そんな事ありませんよ。当店に放置してあるロードスターの事故車や部品取り車・・・全て秒単位で経費が加算されているんです。

増税前に先に買って在庫するという事に対してのリスクってのは必ず有る訳でして、2パーセントの消費税値上げ分を本当に得したを思う金額になるまで在庫を増やしたとしたら・・・結構な量じゃんね(笑)倉庫などに置くには自分の土地だとしてもお金が掛かってるという事であり、その物の存在のストレスを感じて生活する訳ですね。

何となく、定期的に買ってる物を何時も1個だけど2個買っておこう!レベルならOKでしょうけど、消費税で2パーセントくらいの差額であれば特売日に同じ価格やソレ以下になる可能性ありますからね~

ほんと、僅かなのですがケチろうとした結果悔しい思いもする可能性は有ると言う事ですな。消費税値上げ後の特売は可能性高いです。こういう報道には振り回されるだけ無駄。

で、複雑な増税対象品目の振り分けも、目をそむけたくなる判り難さであります。

なので今回の増税2パーセントってのはスルーしちゃうのかもしれません・・・

はっ!

そういう風にしてシレッと値上げする政府の戦略かっ・・・

頑張って今までより2パーセント上乗せで仕事しましょう。


さ、工場ではワークスレイル製のND用のデフカラーの取付です。NDのデフマウントは非常にソフトなラグジュアリーな仕様(笑)スポーツ走行では結構揺れますしアクセルに対する車の動きも遅れてる印象があります。

動き過ぎてるデフマウントはハンガーごと折れちゃうケースもスポーツ走行では起こってますのでここはあえての強化なのです。マウント強化すると折れにくくなると言われてます。

が、デフマウントの強化もデメリットがあります。

デフの唸り音が車内に伝わりやすいという事。

スポーツ走行ではヘルメットしてますので聞こえませんが、ストリートでは強化が過ぎると音は聞こえてきますね。ニャー!とか、シャー!とか何かと猫系の音が出ます。

今回はワークスレイル製。
片方から押し込むスタイルの堅いウレタン製でございます。

強化の方向としては良い感じ。気になる異音はぁ~?

残念ながらオーナーさんしか結果は判りません~僕が試乗した限りは判らなかったですけど。

さぁ~車のパーツも増税前に是非どうぞ、みんな早く買っておいた方が良いよ~(笑)

今日も元気にいきまっしょぃっ!

コメント

_ カリスマバニラ ― 2019-09-04 14:52

確かに増税後のほうが得する物もありますもんね、控除の期限が延長されるローンとかとか、支払い逃げられない税金はサクッと払ってスッキリするのが正解ですね( ´ー`)

_ 管理人T ― 2019-09-07 16:32

まぁ普通の事だね~増税前は何かと稼ぎ時であるのだよ。当然増税後の落ち込みの対策を普通は考えている。

消費者にとって何時が買い時なのか考えて、販売側の気持ちになれば値下げしてでも売りたい時がある。

簡単な流れとしては業者の大量仕入れを考えればよいのだよ。増税前に大量仕入れして、増税後にも在庫残しちゃうと支払いがキツくなるので早く現金化したいだけだから結局安売りしちゃう。結局美味しい話なんてそんなに無いのよw

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
初代NA6CEの販売していたブランドは?カタカナで○ー○○

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://stage.asablo.jp/blog/2019/09/04/9149273/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。