連日っ!2019/12/12 10:34

昨日まで天気良かった長岡シティでありますが、本日から強風雨。

気温は低過ぎず、ですが寒いのには変わりません~昨日から5度以上低くなってますね。

一昨日に外の廃車からエンジンを降ろしました。僕が10万キロ前にフルバランスオーバーホールしたエンジンですが、ボディが錆びてダメ?っぽかったので箱変えしたんです。

そんなオーバーホール後10万キロ走ったエンジンですが、それを積んでみよう~!となって20万キロ走ったエンジンを降ろして積みかえてみます。ベースエンジンの走行距離は2基共に同じくらいの20万キロくらいなので1基はオーバーホール無しの20万キロエンジン、もう1基は10万キロ前にオーバーホールしたエンジン。ま、どっちもどっちのような気もしますが・・・オーバーホールエンジンは各種純正よりはバランスも取ってあるしクリアランス精度も高いと思ってますので少し良いかな?

降ろしてから気が付いたのですが、20万キロオーバーホール無しのエンジンは各部の錆が酷いですね~特に水回りのホースバンドやアルミのホース差し込み口が錆びてて、ホースバンドを緩めるだけで水が漏れてきました・・・ホースは10万キロ前に交換してると思いますが水圧ギリギリに保っていたような感じです。

僕がオーバーホールしたエンジンはアルミパーツはサンドブラストで綺麗にしてクリア塗装してますのでメチャメチャ綺麗なホース差し込み口のままでした。ラジエターアッパーやロアホース、サーモケースのバイパスホース差し込み口まで錆で膨らんだりしてません。

雲泥の差とはこういう事言うのか~ってくらい差があります。

自分で言うのもアレですが、オーバーホールした昔の俺ナイス(笑)

2基のエンジンを降ろして、エンジンショートにしてなるべく元の車両のインマニやインジェクター、点火コイル、クラッチ周りなどフルに移植します。お互い走行距離が多いので信頼できていた物を使います。これがほんと1日掛かります。

そして185CUP車両に積み込みます。

どうなるかな?

で、余ったもう1基のエンジンは~
時間に余裕もあるしボアアップしちゃう?

元気に使っていたエンジンだし、ノーマルだけど僕のコマーチン号よりパワー出ていたからね、最初からバランス悪く無かったのかも。

普通にオーバーホールしちゃったらまた10万キロくらい走っちゃう・・・ロードスターのエンジンはほんと壊れないね・・・

完全にブローで壊れて捨てる事なんて殆どありませんから。

だから工場に溜まるのかっ!(汗)

さぁ~今日もネジ回しまくりでいきまっしょぃっ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
初代NA6CEの販売していたブランドは?カタカナで○ー○○

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://stage.asablo.jp/blog/2019/12/12/9188414/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。