大変でしたっ!2020/01/18 10:42

昨日から県外のお客さんが間瀬サーキットに修行にきてます。昨日は100周(笑)

宿泊して今日も行ってるので何周してくるかな?

STAGEで宿泊施設作ったら新潟大好きな人達が県外から週末集まるだろうなぁ(本当)

お預かりのNAの雨漏り修理。

サクッと終わる予定でしたが・・・実は1か所の原因じゃなくて複数の原因で状況が悪くなればなるほど色んな所から漏れる事が発覚してしまったのです・・・

最初に見た時は幌の排水溝の上にビニールが乗ってて、なんだコレが原因か~とゴミを取って排水溝の縦穴を突いてエアブローして綺麗にしたので安心してました。

で、内装乾かして昨日もう一度水道で水を掛けていたらまだ漏れまして・・・

リアのパッケージトレイのカーペットを剥いで確認してみたら。

レインレールのアチコチから流れでてきておりました・・・それが酷く無いんでナットを締めつけたりして様子みたんですが激しく水を通すとやっぱりフローしてきます。

もう諦めてレインレールの状態を確認。

で、結局のこと言うとレインレールの劣化で素材違いの2ピース構造のレールが泣き別れてある程度の水量から漏れるのでした・・・これはNA純正でも起こる事ですが今回は社外幌に元々セットされたレインレールだったのですがNA純正と同じ構造でして、結果同じトラブルが出ましたね・・・僕は一体型でトラブルの無いNBの純正を使いますんで社外品のレインレールを使う事は本当に無いのですがこの幌を施工した時にボディ塗装なども予算結構膨らんでしまってレインレールセットの方が安かったので組み込み済みの幌を使ったと記憶してます。

まぁ施工して7年ですからNA純正でも似たような期間で劣化も考えられます。が、劣化具合はNA純正よりははるかに劣化してますね・・・凄く硬くなり素材が変化してますので外すにも大変でした。NA純正はパキパキ割れる(笑)

仕方ないので一度幌を降ろしてNB純正のレインレールに交換しました。

で、仮組みして内装組む前にもう一度排水テストをしました。

ら、またオーバー風呂~・・・いやフロー。

え?え?となって色々とやってみたんですが・・・

結局アレがアレになって一定の水量を越えるとオーバーフロー・・・

はぁ~

NAロードスターも本当に30年近く経ってる事で今まで大丈夫だった所がダメになるんだなぁ・・・と感じた一日でありました。

ちゃんと対策しておいたのでかなりの水量に耐えられるようになりました(笑)レストア時はアソコの対策しないとなぁ~

ほんと小さな事ですが、プラスチックやゴムの劣化というのは何時やってくるか判りません。国内メーカーの物は海外メーカーより長持ちするのは今までの経験で判ってますが、それがどのタイミングで使えなくなるかはその時が来ないとわかりませんな。

ゴムやプラスチックを使ってるパーツは基本的にそのフレキシブルな素材を使う意味がある場所であります。殆どのゴムやプラスチックは劣化すると軟化して太りメルトダウンするか硬質に変化してサイズが小さくなります。どっちに転んでもダメな訳で、メーカーはその新しい時の柔軟性を頼りに設計しているのです。

わかっちゃ居ますが、問題が出る直前まで使いたいのが心情であり。触らなきゃ大丈夫じゃね?ってなりがちな部分ですので気が付くと大きなトラブルになってしまってるんですな。

古い車に過信は厳禁。
NAで言えば25年くらい経ってる訳で、どんなに低走行でも起こりえるトラブルなのです。

とは言っても他の車から見たらメチャクチャ壊れない車ですけどね。

さぁ~もう週末。今日も元気にいきまっしょぃ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
初代NA6CEの販売していたブランドは?カタカナで○ー○○

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://stage.asablo.jp/blog/2020/01/18/9203396/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。