即対応っ!2020/01/28 10:33

全く雪の無い長岡シティ。1mmも雪ありません。

「雪無くてよいねぇ~」って言っていたラジオ番組も、最近では「雪が降らないと困るねぇ~」って言い始めました(笑)

確かに、最初は本当に雪が無くて嬉しかったし、でもまさかココまで雪が降らないとか想像すら出来なかったし。

雪は降らない所に降ると大変です。

何時も雪が降る所に全く降らないのも大変なんですな。

それでも僕の仕事柄、雪は降るより降らない方が助かります。毎日の雪退けしなくて助かってるお年寄りも沢山います、そういう人も沢山居るという事。

何時も当たり前のように沢山雪が降るので、降る時のリスクは常に考えています。これからは逆に降らなかった時のリスクも考えないとなぁ~、と思います。

さて、雪が降らなければ仕事も進みます。もう来月の予定は全て埋まりました・・・通常の2月ならアリエナイ事ですな・・・工場ではマフラーの修理を終えました。

デミオのマフラーですが少し前に流行ったN1タイプマフラーであります。煩いのでリアにサイレンサーをボルト止めしてあり消音して何時も乗ってるんですが~

サイレンサーが排圧に耐えられなくなって蓋の部分にグルリと半周割れてしまいました。

サクッと溶接して修理でOK!サイレンサーがダメでもその辺に落ちてるサイレンサーとかくっつけちゃうのでマフラーはどうでもなりますな(笑)

さて、そんな雪の無い日々。
気温下がってカラッと乾いたとなれば・・・

サーキットに行くでしょう(笑)

週末も県外から走りに来たお客さんと地元のお客さん達と、日本海間瀬サーキットでは自己タイム更新祭りでした♪

この冬に、フルノーマルB6エンジン勢が揃えて1分12秒台に入れてきました。

最後まで自分の主張を通した奴も、ついに、ようやく僕に動画を見せてきました。小一時間メンドクセー僕の話をちゃんと聞いたのも初めて(爆)

翌日にようやく12秒台を叩きだしてきました。

な、人の話は受け入れて聞くもんだろ?(爆)

これで、うちの常連さん。
この冬に185タイアで12秒台の自己ベスト組がメチャ増えました♪

ほんと、みんなオーバーホールもしてないB6エンジンでよく出してくると思います。間瀬サーキットで185タイアでB6エンジンノーマルで12秒台というのはどれくらい速いかというと・・・

相当速いです(本当)

しかも全部、特殊な事やってません。ひたすらドライビングテクニックを磨き、タイアもコントロールタイアとして185のグッドイヤーRSスポーツを使用。他にもタイム出るタイアはありますが、腕を磨くにはコントロールタイアを作った方が最終的に近道なんです。僅かなダンパーのセッティングや足回りのセットアップくらいしかしてません。ノーマルのロードスターに当店のKONI車高調KITを使えば誰でも作れる仕様なのです。

昔はエンジンノーマルならSタイア履いて13秒、今ではラジアルで12秒・・・車のパワーは全く20年前と変わらないと思います(少し落ちてるw)恐ろしい事になってきました・・・

そんなメチャ調子良い185勢ですが、実は今年毎年開催しているロードスター春の練習会の開催はありません。

楽しみにしていた人も多く、本当に申し訳ございません(ペコリ)

間瀬サーキット側に当方の希望を言ったのですが、厳しい事言った訳ではないのですけど折り合いがつかなく開催決裂しました。

僕はそれなりの数のイベントを運営してきましたが、正直無理して開催しているイベントも沢山あります。それでも温かくエントラント達に支えられてやって来れました。

しかし、それなりの手間と時間を使い予算の段取りもリスクの多いイベントになればなるほど開催出来なくなるというのは本当に簡単な事なのです。

僕もイベントを開催するリスクは極力減らしたいのが心情であり、他のイベントが重なれば使う時間にも限度がありますから。

今年は自分の好きな事に時間を集中したく、少し面倒な事は全てキャンセルする方向で動いてます。自分のやりたい事にとってストレスは邪魔ですからね。

今まで長年やってきた事を辞めるのは新しい何が出来るという事。

新しい何かを始めるには今までやってきた事が出来なくなる可能性が有るという事だと思います。

ロードスターのようなオープン2シータースポーツカーを、転職や結婚や出産で手放す話なんて僕は今まで沢山見てきました。

でも、別にそれは仕方ない事で。自分の生活が変われば当然だとも思ってます。ただその手放す瞬間までロードスターを楽しめたら良いんです。

今回の春のイベントの開催を楽しみにしていてくれる人達には申し訳ございません。

が、当然あたらしい走行会イベントを考えてますので(笑)

さ、今週もジャンジャンバリバリいきまっしょぃっ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
初代NA6CEの販売していたブランドは?カタカナで○ー○○

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://stage.asablo.jp/blog/2020/01/28/9207436/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。