ぴかっとっ!2020/03/29 13:35

今日は少し雪が降りました、メチャクチャ雪少ないシーズンなのにまだ降るのかよ?って感じですが。

関東も降ってるみたいですね。

さて、何かと慌ただしく色んな事してます。
NBのメーターイルミネーション球の交換であります。NAやNBもメーターの電球が切れている車両ありますな。

昔は切れた電球だけ交換しておけばまたしばらくは大丈夫でしたが、最近は全ての電球がアヤシイのでメーター外したタイミングで全部交換します。

案外外して見ると光ってても既に黒くなってる電球もありますので先は短いかな?というのもいくつかありますね。

電球とソケットセットで一つ400円弱しますので安く無いですが・・・特にイルミネーション側はソケットがダメになってるケースも多いので電球だけの交換は諦めてセット交換が良いですね。

まだ部品があるのが助かりますなぁ。

マツダ最高じゃんね。

さぁ~今日は雪降ってるくらいメチャ寒いですが~
エアコンの全交換のNAが入庫(笑)

今日も元気にいきまっしょぃっ!

シンプルっ!2020/03/19 11:54

今日は天気良いなぁ~散歩行きたいなぁ・・・

さて、工場ではサーキット走行やレースカーが入庫続いてます。モータースポーツを楽しんでいる人達は元気有ってよいですね~♪

僕も元気もらったりしてます。

元気な人が集まるとそこに居る全員元気になるってもんでしょう!パワー欲しければそういう場所に行くのが一番っ!

さて、レース車両も一年間戦えるようにメンテです。ブレーキ関係は全てリフレッシュです。当然フルード関係も交換しますが、ブレーキフルードを交換する時に色んな道具がありますが、やっぱり僕はペットボトルが一番良い感じがします(笑)

ワンウェイバルブとか売ってますが、あんなの20年前からダメなの感じて使ってません、抵抗物に過ぎませんのでエアの噛みこみが出ます(本当)エアでバキュームするのは場合によっては非常に重宝しますが、エアがちゃんと抜けたか確認しずらいしホースの取り回しが面倒なので毎回使うには勝手が悪いんです。

結局ペットボトルに戻る・・・

僕はタイラップを巻いてハブボルトに掛けるようにしてます、こうする事で空の軽い時にボトルが転ぶ事無いのです。

で、1人でエア抜きしてもエアが逆流で入らないようにホースをボトルの奥まで伸ばしてます。

するとエアの入ってるも判るし逆流してもエアが噛み込みません。

しいて言えばウチのレースカーやサーキット走行多い車は僅かなエアも噛ませたくないのでエア抜きバルブにおネジ部に硬いシリコングリスを塗る事でバルブのネジの隙間からエアが入る事が無くなります。これやってる人少ないと思います。ネジからも漏れないから作業が綺麗。

です。

完璧にエア抜きしてあればブレーキフルード内にエアが噛む事なんてそうそうありません。

○○のブレーキパットがダメだ!

○○のブレーキフルードがダメだ!

という前に、ちゃんと作業されている?ってケースも少なくありません。他人から聞いたノウハウのマネごとも大切ですが、その理由までを知るにはやっぱり経験値が全てです。

さぁ~今日はパーティレース車両のメンテです~♪
基本何も弄ってはダメなのでノーマルのままですが勝てるように念じながら作業します(笑)

今日も元気にいきまっしょぃっ!

複数っ!2020/03/14 11:19

さて工場が荒れてます・・・B6エンジンのメンテナンスでパーツやら工具やらあちこちに・・・

昨日ある程度カタズいたので来週はNDのパーティレースカー作らないと。

JOY耐号も色々と今年の対策でパーツ交換しないとなんだけど一般のお客さんの入庫する隙が無い(汗)お客さんの注文頂いた部品も揃って来てて店が狭いなぁ~

さて、そんなB6エンジン。
距離は11万キロくらいでロードスター的には余裕の慣らしが終わったレベル(笑)ちゃんとメンテしてたら20万キロくらいほんと余裕です。

ちゃんとメンテしてたら・・・

これがまぁ、20万キロ乗ろうっ!てんだから程度に合わせたメンテ内容が必要になってきます。エンジンコンディションによりオイル粘度を調整したり、乗り方やオイル交換時期など様々。

そして通常のメンテも必要です。

今回はタイミングベルトの交換時期なので当然ウォーターポンプや各種オイルシールも交換します。ラジエターやラジエターホース、細いバイパスホースも交換します。で、シリンダーヘッドガスケットもオイル漏れしてますのでこの際一気に修理です。ついでにクラッチも摩耗していたので・・・

エンジン降ろした方が良いね!って事で。

エンジン単体で全てメンテナンスします。あと少し手間掛けたらシリンダーボーリングのピストン交換で新車の圧縮比を手に入れられますが・・・流石にキリが無いので今回はメンテナンスに絞りました。

錆や汚れもかなりのもんで、洗浄に一日掛かりますね。

エンジン降ろして分解、洗浄、組み付けしてエンジンに火が入るまで頑張っても3日くらい掛かります。プラス最後一日で点検です。

当店は大体のエンジンパーツが全て揃ってるので、追加パーツが有っても部品待ちになる事は殆どありません。

昨日エンジン掛かりました、あと10万キロ以上頑張ってもらいましょう~♪

しっかし、大きな作業があるとテンション上がってしまい夜寝れません・・・元々2時間おきに起きるので何時も3セッションで6時間か2セッションで4時間の睡眠くらいです。

富士の24時間のレースメカニックに行っても寝ないで30時間くらい起きていられるです・・・レース後にも飲みに行けるのです(笑)

きっと起きている時に何処かでチカラ抜いているのかも(爆)

いやぁ~まだまだ大きな作業がありますぜ~、コロナウィルスで一人遊びな人達のパーツ集めて通販キャンペーンも考えたいなぁ~、1人でもドライブしたくなるステアリングやシフトノブなど。

時間無いなぁ~

さ、もう週末、元気にいきまっしょぃっ!

何でもっ!2020/03/10 12:31

週末も色んなお客さんが集まって楽しく過ごしました当店。

やっぱサーキット走ってる人は元気良いね!元気じゃなきゃサーキット走れないもんね。

つまらん、つまらん、と人生過ぎて行くよりも。

たのしい、たのしい、と過ごした方が1万倍も良いに決まっておるのだよ。

さて、何故かスバル車が続くのでテンション下がり気味(爆)興味無い車はサクサクと終わらせたい所だけど皆それなりに古いので手間は掛かりますねぇ・・・

マフラーも交換しちゃえ!って思ったけど車両の寿命と新品マフラーのコストが見合わずに。

修理対応となりました(汗)

NBロードスターでもよくあるフランジ部の錆です。これ放置すると突然パッカンと割れちゃって排気漏れどころかマフラー引きずったりして走れなくなります。NBはハンガーが良い所にあるので引きずる事ないですが爆音には変わりない。

フランジ部を切り外して適当なパイプで繋いでしまいます。フランジを溶接して取り付けても良いのですが、そこに手間とコスト掛けるメリットが殆ど無いのでセンターをリアピースを一体化です。今回の車両は左右2本出しなので2か所修理してみましたが。

センターと一体化したら大きくて大きくて(笑)

R53ミニクーパーSのような巨大なマフラーになりました。

R53ミニクーパーSはセンターとリア左右のサイレンサーが一体化しており純正で巨大なのです。1人で脱着するのスッゲ大変です。マフラー交換したお客さんが持って帰れないので僕は「サイレンサー片側切ります?」って言うのですが。

今まで何台かマフラー交換して切って持って帰った人は1人も居ませんでした。

車庫に置くのも邪魔なんだから切ってしまっても良いのにね。装着する時はまた溶接したら良いだけだし。

で、今回も大きなマフラーになったので1人で装着することができませんでした(笑)

部品屋に手伝ってもらって装着完了。

多分、修理した個所はまだまだ使えそうですが、車の寿命の方が先かなぁ・・・

こんな修理もやりますが、基本常連さん以外はお断りしてます。こんなんでクレーム入れられても困るからね!ロードスターオーナー所有のスバル車であり常連さんなので対応させて頂きました。

さぁ~今週もハードになりそうです。元気にいきまっしょぃっ!

よく見るっ!2020/03/06 11:42

昨日はアラレが降ったりして風も強くて花粉も飛んで・・・荒れまくってました長岡シティ。

今日は曇り。

明日は晴れそうなので間瀬サーキット行く人も居るみたい、明後日も居るみたいなのでこの週末は間瀬サーキットのスポーツ走行枠はロードスター増えそうです~♪

日曜に僕も間瀬顔出せるかな?企んでますがどうかなぁ~

さて、NA、NBロードスターのブレーキの話。
ブレーキのメンテナンスと言えばまず最初にパットとローターの目視からですね。次にボンネット開けてのブレーキフルードの油量チェック。

ここまでは誰でも出来ます。

しかし、もう古いロードスターの場合はキャリパースライドピンやブレーキキャリパーのシール内部も確認する事が必要であります。キャリパーボディの錆がピストンまでも錆させてしまいますので特に街乗りばかりでブレーキ温度の上がらない車両や乗らない時間の多い車両はチェックであります。

走行距離に関わらずブレーキは錆ますし固着もします。年式考えたらブレーキのゴムパーツは既に限界なんですな。

ちょっと深く点検するとキャリパーピストンが錆びていた・・・なんて事はよくある話。

これがトラブルでてから分解するのと、トラブル前に錆を発見してオーバーホールするのと作業も結果も全く違うのです。

サーキット走行の多いユーザーは車検毎にキャリパーオーバーホールします。これは熱によりキャリパーピストンブーツが燃える事や熱で硬くシールが甘くなる事があり、隙間に水分が入ると錆びちゃうので早めのオーバーホールをします。

キャリパーの引きずりもスピードやブレーキフィールに影響しますのでシビアに考えるユーザーは多いです。

オーバーホールしたブレーキは引きずり殆どありません。

今回は程度良いNA6でしたが流石に25年もオーバーホールして無かったのでキャリパーボディの錆もピストンの錆もありました。新しいピストン使って丁寧に磨いてオーバーホールしました。日常的には何ら問題の無いブレーキの効きでしたが、僅かに引きずりがありました。これがサーキットなど走るとタイムに影響するかも?いやいや街乗りでも燃費には大きく影響すると思います。

ブレーキホース純正に交換して気持ち良く安心して乗れますね。

NA、NBは車両程度問わずに全てのゴムパーツの交換をオススメです。とは言いましてもメッチャありますのでコツコツやるしかありません~

さ、今日も元気にいきまっしょぃっ!